太は「大本」を、兪は「癒し」の原字

身体の大本から治療していきます

TAIUの灸

太兪の灸でアトピー、喘息、頭痛、顎関節症を治そう

お灸は体に微小な火傷を与えてそれを治そうとする自然治癒力(白血球や免疫細胞の増大、神経系やホルモン系の賦活)を高めて病を治そうとするものです。

戦前のような予防接種や抗生物質がない時代には1円玉ほどのお灸をすえて、しかも膿(白血球の残骸)が出続けるような膏薬まで貼ったものです。

最近、抗生物質の乱用で薬の効かない耐性菌が問題になっていますが、お灸の免疫作用がもっと見直されて良いでしょう。

戦後の日本鍼灸界を背負った先達には戦前は不治の病であった結核をお灸で直した人が多かったです。

また兼好法師や豊臣秀吉、松尾芭蕉はお灸の愛好家でした。

 

お灸の「灸」の字は久しい病(慢性病)に「火」をもって治すという意味があり、当院では重要なポイントにお灸をしています。

TAIUの灸では、肩こり腰痛はもちろんアトピー、喘息、頭痛や顎関節症にモグサを糸状から米粒ほどの大きさまで自在に形を変えて使用していきます。

TAIU十穴

身体の大本から治す根幹をなす10の穴(ツボ)

お灸に関する一番古い資料は中国の前漢初期(紀元前180年頃)の長沙王の宰相のお墓から出土した「足臂十一脈灸経」と

「陰陽十一脈灸経」で、この頃には現在使われている経絡経穴のほとんどが解明されていました。

日本には紀元後500年頃、仏教の伝来と共に伝わりました。

TAIUではこの中から10穴を身体の大本から治す基本穴としてまとめました。

①曲池 ②足の三里 ③中封・三陰交 ④至陰 ⑤失眠 ⑥志室 ⑦陽関 ⑧大椎 ⑨肩井・膏肓 ⑩百会

<経絡・経穴とは>

経絡や経穴は神経や血管のような解剖学的な存在ではなく、生理的な反応系といったものです。

人体は一個の卵子が増殖したものですから、各部位はいつも相互にまた全体と生理的に関連しあっています。その中で関連性に共通性があるものを経絡としてまとめ、更にその中の生理的反応の強い点を経穴としていますが、本来は全身が経絡であり、経穴なのです。

古代中国人は人体を小宇宙に見立て、1年12ヶ月に応じて経絡を12本とし、また1年365日に応じて経穴を360あまりに整理しました。

TAIU治療

治療に使うのは細くて柔らかい「はり」と米粒ほどの「お灸」、そして人間が本来持つ「自己治癒力」です。当院では患者さんの症状や刺激への過敏さをみながら治療を行いますので、「はり」や「お灸」が初めてでも安心して受けて頂けます。

鍼灸師

臨床経験豊富な鍼灸師が治療にあたります。肩こり腰痛はもちろん、喘息、アトピー、頭痛、顎関節症といった専門性の高い治療も行なっています。

ご予約

当院は予約優先となっています。

お電話、メールまたはNET予約から

ご来院の前にお問合せ下さい。


TAIU Activities

・東京医科歯科大学口腔外科リエゾン外来:外科処置では困難な病気について鍼灸治療の可能性を研究

・モクサアフリカへの支援:アフリカで結核へのお灸治療を行なっているモクサアフリカへの支援

・隅田川医療相談会鍼灸班:山谷地区での生活困窮者への診療

・BIG ISSUE健康相談会:雑誌BIG ISSUE販売員への診療

・山友会での診療:山谷地区にある診療所山友会での診療

 

トピックス

 

2020/12/2 海老原義也は外勤日のため休診いたします。

2020/12/11 海老原義也は外勤日のため休診いたします。

2020/11/25 年末の診療は12/28(月)までとなります。年始は1/5(水)からとなります。