TAIU治療

当院では腰痛や肩こり、神経痛、捻挫や打撲といった運動器疾患から、胃潰瘍、喘息、アトピー、脳梗塞、膠原病、自律神経失調症などの内臓・精神疾患とういう、あらゆる疾患を対象に治療を行っています。

治療に使うのは細くて柔らかい「はり」とゴマ粒ほどの「お灸」、そして人間が本来持つ「自己治癒力」です。当院では患者さんの症状や刺激への過敏さを見ながら、一人一人に合わせて治療を行いますので、「はり」や「お灸」が初めてでも安心して受けて頂けます。

TAIU治療は身体の大本3箇所を治療します。

①臍下丹田

生命力(消化吸収力)の宿る所で、植物では根に当たります。主役は腸内細菌と腸管免疫細胞、及びそれらをコントロールする副腎皮質ホルモン(志室穴)です。ストレスの影響を受けると志室穴がこり、副腎皮質ホルモンの分泌が悪くなり、丹田の力が弱くなると免疫力が低下し各種アレルギー疾患や免疫疾患、腹部内臓疾患を引き起こします。

TAIU治療ではここを一番に重視します。


②腰椎・仙椎

ヒトの運動機能上最も負担のかかる所で、ここからは下肢に行く神経と下腹部臓器に行く神経が出ており、腰椎仙椎の歪みはこの部の病の大元の原因になります。


③頚椎・肩

不安や緊張などで交感神経が高ぶるとまず凝ってくる所です。この部は気管支、肺、心臓に行く自律神経と腕に行く神経、更には顔と頭に行く血管が通る所です。首肩こりがが続くと脳の循環が悪くなり、頭頂部の百会穴(全身の経脈が買いする所)がぶよぶよして来ます。百会穴の灸は精神安定、脳卒中、認知症予防に効果大です。


*受診上の諸注意

1,患者着をご用意してありますのでご利用ください。

 なお患者さんご自身でご用意いただいても構いません。

2,治療中刺激が強すぎたり、反対に弱く感じるときは治療家にお伝え下さい。

3,治療後4〜5時間はなるべく飲酒、入浴は避け、また睡眠は十分にお取りください。

4,治療日の晩や翌日に体がだるくなったり、痛みが増したり、吐き気や下痢、下血などを

 もよおすことがたまにありますが、これは治療による生体反応であって病気では

 ありませんから経過をみてください。多くはその後体がすっきりしてくるものですが

 もし反応がひどくて長く続く様でしたらご連絡ください。

5,感染症予防のため、使用する鍼は一人